脱毛コラム

埋没根はどうやって処理する?

埋没毛について

埋没毛に悩む女性
埋没根は無理に無駄毛を処理して肌を傷つけたりしたときに起こるのが原因ではありますが、

いざ埋没根が出てきてしまったときに、どうやって処理をしたほうがいいのでしょうか?

正しい処理方法としては、基本的にはあったとしても皮膚に害はないため、放っておいてもかまいません。

埋まっていても毛の成長が止まるだけで、皮膚のターンオーバーがだんだんとなっていくと同時に、一緒に毛が出てくる感じですので、自然治癒する場合がほとんどです。

しかし、できれば早めに直したいなというときには、ピーリングやボディスクラブを利用してきれいにしておくことがいいでしょう。

な埋没毛ができるような自己処理などをしないこと

ピーリングは肌に刺激を与えて肌のターンオーバーを促進しますから、肌の代謝が早くなって結果的に毛穴をふさいでいる肌の部分を取り除いてくれることを早めてくれます。

また、ボディスクラブは、細かい粒子を肌にこすり合わせて古い角質を取り除いてくれるものですから、毛穴の上に詰まっている老廃物を取り除いてくれますので

毛穴をふさいでいるものを取り除いてくれます。

肌の新陳代謝をよくしておくことによって、簡単に治りますのでちょっと時間はかかりますが埋没根の処理は苦労することは少ないでしょう。

後は、なるべく埋没毛ができるような自己処理などをしないことをお勧めします。

産後で脱毛を受ける方法について

出産後のムダ毛の処理について

産後の女性
産後は、女性ホルモンより男性ホルモンの割合が多くなるので、妊娠前よりホルモンバランスが乱れる状態となります。

なので、脱毛施設に通って脱毛を受けようとしても、基本的に利用を断られることになります。

なぜなら、サロンやクリニックでの脱毛は、肌に光やレーザーを照射するので、産後に受けると火傷になりやすいからです。

さらに、産後は毛根細胞が機能していない状態となるので、光やレーザーが毛根部分に反応しにくくなるので、脱毛効果を得にくくなります。

なので、産後から脱毛施設での脱毛を再開できるのは、ホルモンバランスが改善されてからとなります。

そのため、産後は基本的に脱毛施設での脱毛を休むことになるので、妊娠が判明したら担当スタッフに相談するのが重要となります。

脱毛を再開するタイミングをプロに相談

相談することで脱毛を再開できるタイミングも知ることができます。

ちなみに、産後で脱毛施設を受けれるようになるタイミングは、産後から半年経ってホルモンバランスが改善されてからとなります。

他にも、脱毛施設によっては生理が再開したら脱毛を再開できるところもあります。

なぜなら、生理が再開すると女性ホルモンの割合が男性ホルモンより多くなるので、妊娠前の状態に戻るからです。

とはいえ、脱毛を受けるタイミングは担当スタッフの指示をしっかり従うのが、産後の脱毛施設での脱毛で安全策となります。

それは、担当スタッフが自分の体の状態を把握してくれているので、脱毛を再開するタイミングを明確に伝えてくれるからです。

脱毛サロンの勧誘の上手な断り方では魅力に感じない部分を指摘すると良い

脱毛サロンの勧誘を適切に断る

勧誘を断る女性
脱毛サロンの勧誘に対しての断り方の1つには、自分にとってそれが必要ないということをストレートに言ってしまうのが良いと思います。

例えば、紹介されたコースなどの料金が高すぎるといったところに不満を感じているならば、それをそのまま言ってしまうと良いでしょう。

内容は良いかもしれないが、その料金では無理ということを話すと、料金をいきなり値下げするわけにもいかないでしょうし、向こうとしてもそれ以上勧誘を続けるのは困難と言えると思います。

条件をいきなり変えるというのは難しいと思うので、そういったことを理由に断るというのも良いのではないか?と思います。

無理な要望を突きつける

あとは条件に関して無理な要望を突きつけるとかも有効かもしれません。
例えば、料金がこれくらいだったら利用しても良いかもしれないと言って、かなり大幅な値下げを要求するとか、そういったことを言うと、さすがに向こうも条件は了承しないでしょうし、仮に了承するようなことがあってもかなりお得な料金でコースなどを利用できるので、それはそれでありなのかもしれないです。

そういったやり方で脱毛サロンの勧誘を断ろうとすると、割とすんなりと断れる可能性があると思うのでおすすめと言えると思います。

向こうにとって厳しいと思えるような条件を突きつけるというのがポイントになると言えるのです。

忙しい女性のためのアンダーヘアの脱毛方法

アンダーヘアの脱毛
仕事や育児で忙しい女性も、アンダーヘアの身だしなみだけはきちんとしておきたいものです。けれどもどうしても忙しくてじっくりゆっくりと時間を掛けてムダ毛の処理をする暇もない、という人も多いはずです。そんな人にオススメのアンダーヘアのムダ毛処理の方法が有ります。

アンダーヘアの脱毛方法

それは、女性用のシェーバーを使って脱毛することです。女性用のシェーバーなら通常の物よりも比較的安全にムダ毛が剃れるように作られているので無理に力を入れたり急いで脱毛をしない限りは怪我等しない用に出来ているからです。ただ、そうは言ってもシェーバーでデリケートなアンダーヘア周辺の皮膚を傷つけてしまう可能性もあるので、使用する際は十分気を付けて使用する必要が有るでしょう。

女性用シェーバーを利用する

 
アンダーヘアの脱毛に女性用シェーバーを利用するメリットはまず手早くアンダーヘアの全ての部分に対応してムダ毛処理がこれ1本で出来ることでしょう。入浴時に脱毛処理をすればより綺麗にそしてよりスムーズに脱毛をすることが出来るので、ボディーソープの泡などと共に脱毛をすると良いでしょう。また、デメリットも有るのでその点についてもしっかり知っておくようにしましょう。

女性用シェーバーでアンダーヘアの脱毛をする際のデメリットは、ムダ毛の根元から抜き取るタイプのムダ毛処理とは違うのでどうしてもムダ毛が伸びてくるのが早い分1日もしくは2日ほどでムダ毛がまた目立ち始めてしまうので週に何度もムダ毛の処理をしないといけなくなる事が挙げられるでしょう。けれども1回の脱毛処理に掛かる時間のことを考えればあっという間に脱毛できてしまうので週に3回ほど脱毛が必要になったとしても1度の脱毛に数分しか掛からないので、忙しい女性にはとてもオススメです。

ワキガになる原因と脱毛施設による脱毛でワキガを改善できる仕組み

脱毛でワキガは治るのか

ワキガが気になる女性
ワキガは、脇毛を自己処理する際に毛抜きで行うと、毛を抜く際に肌に強い刺激を与えます。

そのため、脇に刺激が行き渡ることでアポクリン腺が活発化するので、アポクリン腺から出る汗の量が増えます。

その影響により、毛抜きを使って脇毛を自己処理すると脇が湿りやすくなります。

その上、毛抜きだと毛を抜く途中で毛が皮膚の中に残ることがあるので、結果的に脇毛に雑菌が繁殖しやすくなります。

よって、雑菌が多く繁殖することでワキガになる原因を作り出すことになります。

なので、脇毛を自己処理する場合は毛抜きのように毛を抜く自己処理を施さないようにするのが、ワキガの原因を作らないポイントとなります。

また、毛抜きでの脇毛の自己処理を続けると、よりアポクリン腺を刺激することになるので汗の分泌量を増やすことになります。

よって、ワキガの原因となる汗が多く出るようになります。

脱毛施設で脱毛を施してもらうのがお勧め

アポクリン腺は脇毛と一体化しているだけでなく、一般の汗を出すエクリン汗腺と違って毛穴がないと存在できません。

エクリン汗腺は毛穴と関係なく皮膚に存在しますが、アポクリン腺は脇毛が生えない状態だと存在しなくなります。

つまり、脇毛が生えにくくなることでアポクリン腺が存在しにくくなります。

けれども、自己処理では脇毛を生えにくくできないので、ワキガを改善しつつ脇毛を処理するなら脱毛施設で脱毛を施してもらうのがお勧めです。

なぜなら、脱毛施設での脱毛は毛抜きでの自己処理と違って、アポクリン腺から出る汗の量が増えるというリスクがないからです。

さらに、脱毛施設で脱毛を受けると肌に強い刺激を与えずに脇毛を処理しつつ、ワキガの臭いを抑えることが可能となります。