レーザー脱毛について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
laser5

「レーザー脱毛」と聞くと美容外科やエステで行われるものを想像されるでしょうが、ここでは美容外科や皮膚科で施術される医療レーザー脱毛について説明します。
医療レーザー脱毛では、黒い毛やメラニン色素にのみ作用するレーザー光線を表皮に照射することによって、レーザーの熱が皮下にある黒い毛に吸収され毛包全体に熱が伝わると共に毛球部にある毛母細胞を破壊する。という仕組みになっています。
毛母細胞が破壊されることで毛が再生できなくなったり、再生までのサイクルが遅くなったりするのです。
エステ脱毛に比べて照射パワー強いのでほとんどの方が脱毛効果を得ることが出来ます。

レーザー脱毛のメリット

長期的に見て、カミソリで剃ったり抜いたりするのに比べ肌や毛穴を傷めませんし、半永久的な脱毛効果が期待できます。
黒色に反応するレーザーなので、太くて黒い毛ほど高い効果が期待できます。

レーザー脱毛のデメリット

1回の施術で全ての毛を脱毛することはできません。最低でも3回は行う必要があります。
といいますのは、毛には発育期・退行期・休止期という三つの期間があり、このうち休止期にあるものにはレーザーの効果が届きにくいからです。
白髪や栗毛などのメラニン色素が少ない毛ではあまり期待できません。
また、日焼けしすぎている肌や皮膚に炎症が見られる場合は施術を受けられないこともあります。
レーザー脱毛では照射時に輪ゴムではじかれたような痛みを感じます。痛みの感じ方にはかなり個人差があるので、痛みに弱い方などはクリームタイプの局所麻酔などもあるので医師に相談されるのが良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*