脱毛サロンの勧誘の上手な断り方では魅力に感じない部分を指摘すると良い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

脱毛サロンの勧誘を適切に断る

勧誘を断る女性
脱毛サロンの勧誘に対しての断り方の1つには、自分にとってそれが必要ないということをストレートに言ってしまうのが良いと思います。

例えば、紹介されたコースなどの料金が高すぎるといったところに不満を感じているならば、それをそのまま言ってしまうと良いでしょう。

内容は良いかもしれないが、その料金では無理ということを話すと、料金をいきなり値下げするわけにもいかないでしょうし、向こうとしてもそれ以上勧誘を続けるのは困難と言えると思います。

条件をいきなり変えるというのは難しいと思うので、そういったことを理由に断るというのも良いのではないか?と思います。

無理な要望を突きつける

あとは条件に関して無理な要望を突きつけるとかも有効かもしれません。
例えば、料金がこれくらいだったら利用しても良いかもしれないと言って、かなり大幅な値下げを要求するとか、そういったことを言うと、さすがに向こうも条件は了承しないでしょうし、仮に了承するようなことがあってもかなりお得な料金でコースなどを利用できるので、それはそれでありなのかもしれないです。

そういったやり方で脱毛サロンの勧誘を断ろうとすると、割とすんなりと断れる可能性があると思うのでおすすめと言えると思います。

向こうにとって厳しいと思えるような条件を突きつけるというのがポイントになると言えるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*