ワキガになる原因と脱毛施設による脱毛でワキガを改善できる仕組み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

脱毛でワキガは治るのか

ワキガが気になる女性
ワキガは、脇毛を自己処理する際に毛抜きで行うと、毛を抜く際に肌に強い刺激を与えます。

そのため、脇に刺激が行き渡ることでアポクリン腺が活発化するので、アポクリン腺から出る汗の量が増えます。

その影響により、毛抜きを使って脇毛を自己処理すると脇が湿りやすくなります。

その上、毛抜きだと毛を抜く途中で毛が皮膚の中に残ることがあるので、結果的に脇毛に雑菌が繁殖しやすくなります。

よって、雑菌が多く繁殖することでワキガになる原因を作り出すことになります。

なので、脇毛を自己処理する場合は毛抜きのように毛を抜く自己処理を施さないようにするのが、ワキガの原因を作らないポイントとなります。

また、毛抜きでの脇毛の自己処理を続けると、よりアポクリン腺を刺激することになるので汗の分泌量を増やすことになります。

よって、ワキガの原因となる汗が多く出るようになります。

脱毛施設で脱毛を施してもらうのがお勧め

アポクリン腺は脇毛と一体化しているだけでなく、一般の汗を出すエクリン汗腺と違って毛穴がないと存在できません。

エクリン汗腺は毛穴と関係なく皮膚に存在しますが、アポクリン腺は脇毛が生えない状態だと存在しなくなります。

つまり、脇毛が生えにくくなることでアポクリン腺が存在しにくくなります。

けれども、自己処理では脇毛を生えにくくできないので、ワキガを改善しつつ脇毛を処理するなら脱毛施設で脱毛を施してもらうのがお勧めです。

なぜなら、脱毛施設での脱毛は毛抜きでの自己処理と違って、アポクリン腺から出る汗の量が増えるというリスクがないからです。

さらに、脱毛施設で脱毛を受けると肌に強い刺激を与えずに脇毛を処理しつつ、ワキガの臭いを抑えることが可能となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*